連盟最終日のお散歩

2016083001
連盟PK最終日です。もう明日になると連盟領地は消えてしまうのです。というわけで、ちょっとだけお散歩に来ました。この透明ドラゴンも最後となると名残惜しい…いや、そうでもないか…

2016083002
と思っていたら、PKレイド立ってましたw 呼ばれて、アルレ駐屯地にてラストPK楽しみました!

2016083003
というわけで、対人時間が終わってからお散歩再開w ドミル様は先客が写真を撮っていたので、アルレの人に譲って遠くからこっそりとパシャリ。
アルレX時代は短かったけど、あの時はあの時で色々刺激的な事があって楽しかったなぁ。

2016083004
我らがフラテコ様。一番長く所属したカイア連盟の執行官様。シビリアンコントロール的に言えばたぶん執行官より執政官の方が偉そうだけどw
連盟は最初にスレ、中盤にエレ、最後にプリでやっていたので、連盟Lvはそこまで上がらなかったけど、その時必要な職で出ていたので仕方がないです。
プりはあまり得意でなくて、ぽんたもIDでのんびりする為に自分で「大賢者」とか名乗っちゃう厨二病みたいな名前にしたのに、これでメイン張って対人する事になるとは…「大賢者」には誰一人突っ込まなかったのが、ますますもっていたたまれないですw

2016083005
ヴェリカ執行官のジェリアド様!ヴェリカ駐屯地は敵としても味方としても癖があって、攻めるも守るも色々考えさせられる場所でした。むやみに駐屯地が広く、その中にこの小部屋ってのがまた…
ヴェリカX時代はすごく堅実に戦えていた印象があります。人数がいないと守るのは結構きつい駐屯地なので、人減ったらヤバイと思ってました。

2016083006
最後だからこっそり書きますが、ヴェリカ駐屯地って進入路たくさんあったんですよ。箱とか門横の崖とかは皆に知られてましたが、この竿。壁にいくつもたてかけてあるこの竿、徒歩モードで登れるのです。

2016083007
矢印のところ、全部入れます。ここ以外の竿も入れます。知らないでこの全てを封鎖はできないので、ヴェリカ駐屯地は入ろうと思えば入り放題でした…壁の意味を成していなかったなぁ…

では、これにて本当に連盟終わりです。一緒に遊んでくれた皆さま、楽しい日々をありがとうございました!

最終連盟戦勝利!

連盟システムがついに終わりを迎えます。その最後の連盟戦。この戦いの為に休止していたTERAに復帰し、8月21日から再び連盟戦指揮を行っていました。

が、復帰初戦の21日の連盟戦は完敗。開幕直後にアルレ、ヴェリカが一斉にカイア駐屯地を強襲。別に油断をしていたわけではなく、敵がくるのはわかっていて全軍カイア駐屯地内で防衛体制にしていたのですが、守り切れませんでした。とても悔しい思いをしましたが、しかし、現状の戦力状況と、敵の動きを把握する事は出来ました。そして指揮ブランクによる俺の勘も何とか取り戻せました。

おそらく最終連盟戦でもアルレとヴェリカは開幕カイアに集中攻撃をしてくるでしょう。予想としてもそうでしたし、あちこちからもそういう話が聞こえてきました。
Calamityという戦力の高いギルドがカイアに移籍していること、そして自分で言うのもアレですがXが復帰して指揮している事から、カイアがマークされるのは仕方がないとは思います。ただ、同じように負けるつもりはありませんでした。

もう次の連盟戦はないので特に隠さずに全部書いていきますが、21日の連盟戦のように、「アルレとヴェリカがカイア駐屯地前で集まって、せーので一斉にカイア駐屯地に攻めてくる」事をされたら、現状のカイアの戦力では守れない事は明白でした。数で純粋に2対1なのもありますし、仮に内部でこちらの戦力を維持出来たとしても、執行官が削られて落ちてしまいます。つまるところ、この体制に持ち込まれたらもう負けなわけです。

では、この状況をどうやって打開するか?答えは「アルレ、ヴェリカにタイミングを合わせて同時攻撃させない」です。

それをどう実現するか?

開幕前にカイア領を巡回防衛し、潜入してくる敵を攻撃するのです。アルレ、ヴェリカが潜入しクリを割って流れでカイア駐屯地前まで行き、そこで集まってタイミングを合わせてアルレ・ヴェリカで共同攻撃。これは作戦難易度として低く、妨害がないなら容易に実行出来るでしょう。しかし、クリ割り最中にカイアに攻撃され、死んだ人と逃げた人でバラバラとなったらどうなるか?再集結の指示は出せるのか?出すならどこに出すのか?集結方法は?集結中にさらにカイアに襲われたら?この状態となったら、完全にアルレ・ヴェリカ2連盟が連携してのカイア駐屯地同時攻撃は不可能になるだろうと判断しました。

この作戦はカイア側にとって難易度はかなり高いものとなります。どこから潜入してくるかわからない敵に備えカイア領地を巡回し、敵をバラしつつこちらはバラけないようにしなければなりません。敵の移動位置を把握し適宜その場所に部隊を移動させ、バリアが割れたら駐屯地中心の防衛にシフト。しかし駐屯地内に籠る事はしない。駐屯地前広場にうってでて、集結中の敵をどんどん殺し、「カイア駐屯地前で敵に一息つかせない」ようにするのです。
今までにも運用したことがある戦術ではありますが、久しく行っていないし俺にも指揮ブランクがあって不安はありました。でも、その方法しか勝機は見出だせませんでした。

また、現在カイアに所属するCalamity。彼らにどう動いてもらうかもかなり考えました。当初ヴェリカ領に攻めてもらおうかとも考えたのですが、カイア領防衛戦術は「対人で競り勝つ事」が必須条件であり、その為には対人能力の高いCalamityさんにカイア領防衛をしてもらう必要がありました。Nao氏に事前に話をして、開幕防衛の了承をいただきました。

しかし、防衛だけに徹していては、いずれジリ貧となります。というわけで、5人で編成したクリ割り隊を最初にヴェリカに派遣し、バリアを割る事にしました。ヴェリカのバリアが割れたらアルレのバリアを割る方針。ちなみに何故先にヴェリカかというと、ヴェリカとアルレで「防衛意識」が高いのはヴェリカだと踏んだからです。ヴェリカのバリアを割れば、ヴェリカは防衛に戻る確率がアルレより高いと判断しました。少しでもカイアへの圧力を減らし、防衛を容易にしたかったのです。

作戦的な準備はひとまずここまで。そして、いよいよ当日です。

参加人数は最終戦で色々な人が呼びかけて集まってくれたようで、今までよりかなり増えました。カイア本隊で40人強+Calamity隊。人数は少しでもほしかったので、本当にありがたかったです。
レイド1は俺、レイド2はラグナ、そしてクリ割り隊は緑茶が担当。緑茶にはクリ割りメンバー選定含めてかなりお任せでお願いしていました。

そしていよいよ開幕。アルレ、ヴェリカの執政官は当然のようにカイア領に来ていました。が、その周囲にカイア本隊とCalamity隊が布陣。アルレの潜入装置は事前に置かせない事が出来た気もしますが、おそらく召喚をつかってその近傍からアルレ本隊が出現しました。カイア本隊、Calamity隊はアルレに対して全力攻撃開始。
ヴェリカもカイア領に来ていたと思われるのですが、おそらくヴェリカは戦闘を避けクリ割りをしていたと思われます。戦闘時遭遇しなかったので、ヴェリカはカイア領にこなかったのかな?とも思ったのですが、クリ割り点数を見る限りかなりのカイアクリをヴェリカが割っているので、クリ割りに集中したという事なのでしょう。潜入地点にカイア部隊が大量にいたので、潜入をあきらめてゲートから徒歩でクリ割りをしていた可能性もあると見ています。少なくとも、ヴェリカ執政官がいた付近にヴェリカが潜入してきたようには思えませんでした。

というわけで、序盤のカイア領の戦闘はほぼアルレとカイアの一騎打ちとなりました。カイアのバリアが割れたら、カイア本隊は駐屯地前広場でアルレ迎撃体制に。
Calamityは具体的な動きはお任せしていたのですが、おそらくリスポから一本道の途中でアルレを殺しまくってくれていた模様。こうして、最も危惧していたアルレ・ヴェリカによる開幕共同攻撃を何とか撃退する事が出来ました。
ヴェリカ執政官はしばらくカイア領におり、少しでもアルレが集結する猶予を与えていたら、潜入からのアルレ・ヴェリカ共同カイア駐屯地攻撃はあり得る状態だったので、アルレに一切猶予を与えなかったのは本当に良かったです。

さて、いよいよここからが本番です。

クリ割り隊は順調にヴェリカクリを4つ割りバリア破壊した後、アルレへと向かっていました。が、ヴェリカがアルレクリを破壊しているとの報告。どうやらヴェリカはバリアを破壊されて自領地防衛に戻った後、クリ割り点数を稼ぐモードとなったようでした。こちらのクリ割り隊は5人のみなので、アルレクリ割りでヴェリカに競り勝つのは難しい。なので、ヴェリカ領に再度派遣し、残りのヴェリカクリをすべて破壊しました。

この時点でクリ割り点数は以下の通り。

カイア:45000点(ヴェリカクリ×7、アルレクリ×2)
ヴェリカ:45000点(カイアクリ×4、アルレクリ×5)
アルレ:10000点(カイアクリ×2)

PK点数ではカイアが勝っており1位。そしてカイア駐屯地前のクリが1つ残っている状況。つまり、カイアクリをヴェリカに破壊されると1位を奪われてしまいます。できればアルレに壊させたい。

この時点で戦力の配置を変更。Calamityにはヴェリカ駐屯地へ向かって圧力をかけてもらう事に。クリ割り隊はクリを割り終わったのでカイア領に帰還してもらい、駐屯地付近の巡回や報告の任務に。Calamityに駐屯地を狙われてるヴェリカは攻撃に部隊を割けないでしょう。Calamityの強さをヴェリカは良く知っているはずですし、少しでも油断すれば執行官が落ちてしまう事も良く知っているはず。つまりヴェリカはカイアクリ割りに人数を出せなくなると予想しました。

そして、アルレが再びカイア領にやってきました。アルレは思惑通りカイア駐屯地前のクリを破壊。これでヴェリカにクリ割り点数でまくられる事はなくなりました。アルレはそのままカイア駐屯地攻撃に入りましたが、Calamityに戻ってもらいカイア全軍で撃退。おそらくこれによってアルレは「カイアを単独で落とせない」と判断したのかもしれません。

2016082801
カイア駐屯地が落ち着いた所で、Calamityには再びヴェリカ駐屯地攻撃を開始してもらっていました。カイア執政官のどりるぷりんすもヴェリカ駐屯地付近に待機しており、いつでもヴェリカに攻撃をしかけられる体制は作っていました。

ここでアルレがヴェリカ駐屯地にやってきたのです。アルレはカイアクリを破壊し15000点となっていましたが、他連盟との点差は30000点と絶望的、カイア攻めも失敗している。この状況で順位を1つでも上げる為にヴェリカに攻め込む事は、十分あり得る選択でした。が、Calamityとアルレの同時攻撃を受けるヴェリカは、それでも持ちこたえていました。

ここでカイア領地の状況はというと、ヴェリカ執政官もアルレ執政官も不在。敵の大規模な攻撃があることは考えづらい状況でした。なので、レイド2もヴェリカ駐屯地に派遣しヴェリカを落としにかかることとしました。
が、それでもヴェリカは持ちこたえる。予想以上にヴェリカは粘り強く戦っていました。
しかし、このチャンスを逃したくないのです。ヴェリカとアルレを生かしておいたら、またいつ何時2連盟同時攻撃が来るかもしれないのです。帰還する算段を立て、ついには俺率いるレイド1もヴェリカ駐屯地攻撃に投入。すなわちカイア全軍を投入しました。

アルレは撃退されても撃退されてもどんどん復帰してヴェリカ駐屯地を攻撃していました。カイアもかなりやられはしましたが、ヴェリカ駐屯地内の潜入でどんどん復帰し、ついにジェリアドを引きずり出し倒す事に成功。これにてアルレとタイマンモードに入りました。

2016082802
まずはカイア駐屯地に戻り護符、リバフをして防衛体制に。ヴェリカ落としでみな巨大化していました。そびえ立つラグナが異様です…w

そしてCalamityにはすぐアルレ駐屯地に向かってもらう事としました。Calamityにつつかれていればアルレも防衛せざるを得ず、あまり戦力をカイアに出せなくなり、防衛が容易になります。また、当然カウンターを狙う事も考え、どりるぷりんすも一緒に派遣しました。落とせるチャンスがあれば落とす体制を整えるのは重要です。

ここでアルレは、戦力の大半を使ってカイアを攻める決断をしたようです。カイア駐屯地周囲は完全に潜入できないよう防衛体制を敷いていたので、おそらくかなり遠くに潜入し、そこから走ってカイア駐屯地に向かってくる状態となりました。長距離走ってくると、どうしても部隊は縦長にバラけます。色々な人が参加する連盟戦では、特にそうなりがちです。
カイアは一本道出口に迎撃態勢を敷き、少しずつやってくるアルレを少しずつ殺しました。そしていよいよアルレ本隊が多くなり始めたら、門まで下がり、そこで防衛線を引き徹底的に敵を削りました。1PTほどの敵が入り込んでフラテコに攻撃をしかけましたが、それはすぐ対処して排除しました。

そしてさらに外にいる敵を排除しようとしていると…アルレが落ちました。どりるぷりんすがアルレ駐屯地内に置いた潜入を使ってCalamityが一気に突入し、瞬時にドミルを倒してくれたのです。

2016082803
こうして最後の連盟戦はカイア連盟の勝利で終わることができました。今まで変わらず参加してくれていた方々、最後だという事で戻ってきてくれた方々、色々なお願いをして快く動いてくれたCalamityさん、そして俺が復帰ということで帰ってきて色々頑張ってくれたXの仲間達。本当に皆のおかげで勝つ事が出来ました。こうして連盟を締めくくれるのは本当にうれしいです。ありがとうございました!

また、今まで連盟を盛り上げていてくれた敵の方々にもお礼を申し上げます。本当に、本当にありがとうございました。楽しい連盟生活でした。

2016082804
最後にカイアの皆で記念写真です!

2016082805
そしてXの仲間達と記念撮影!ありがとう、連盟!そしてさようなら!

なお、俺個人の指揮成績は72戦55勝17敗、勝率7割6分4厘でした。

カイアXは組織的な連盟活動を休止します

カイアXは6/5の連盟戦をもちまして組織的な連盟活動を休止いたします。

シャラサーバーが閉鎖される日にカイアXを設立し、そこから2年3か月。
色々な状況で戦い続けてきましたが、戦い続けるには俺のモチベーションが持たなくなってきました…

カイアXはカイア連盟に所属させたままにしますし、解散はしないつもりです。
でも、組織的に連盟活動をして指揮をするのは休止いたします。

味方として、また敵として、連盟コンテンツを一緒に楽しんでくれた方々には本当に感謝です。
今まで本当にありがとうございました。

連盟戦敗北

2016060501

連盟戦でございます!

今回も開幕で25人ほど、最終的に27,8人ほどでしたが、精いっぱい頑張りました!
カイア駐屯地を攻めてきたアルレを排除したり、クリ割りで何とか2位は確保したのですが…

ヴェリカとアルレに同時にカイア駐屯地を攻められて落ちました。
さすがに現状の戦力では2連盟同時相手に防衛できませんし、その体制に持ち込ませない事も困難です。

でも、やれるだけのことはやれたと思います。

参加していただいた皆様、ありがとうございました!

連盟戦敗北

今回は開幕早々落とされました。

前回勝ったので人数が増えてくれることを期待していたのですが、減りました…
30人に満たない今回の人数で今回の展開だと、さすがにどうにもなりません!
でも、参加してくれた皆さま、ありがとうございました!

ちなみに展開としてはカイアはヴェリカ領に侵攻、ヴェリカとアルレはカイア領へ侵攻。
アルレが早々にカイア駐屯地に侵入、そのアルレを止められずに陥落。
止められなかった理由は人数とバフ差もあるものの、俺の作戦思想によるものもあります。
この状況で勝ち筋を狙うと、どうしてもリスクは生まれてしまうわけで、
今回のは許容すべきリスクだったと判断しています。

次回以降の予定は検討中…

連盟戦勝利!

2016052301
連盟戦でございます。1週空いてまた俺指揮でやらせていただきました!

今回はカイア、アルレにバフが1つく状態。
バフの面ではやや有利なものの、最近カイアの参加人数がかなり少なめで、厳しい戦いが予想されました。結局開幕時点でカイアの人数は32,3人という所。ヴェリカよりおそらく少なく、アルレと同等程度か?キツくはあるのですが、それでも、その人数で出来る事をやって勝ちを目指さなければいけません。

開幕にてヴェリカはカイア領へ、アルレとカイアはヴェリカ領へ。アルレは当初カイア領に来る気配を見せていたけど、最終的にはヴェリカ領に侵攻する事にしたようでした。ヴェリカクリ割りはアルレと少し競合したもののクリ割りを優先的に進め、ヴェリカのバリアが割れた瞬間にヴェリカ駐屯地へ速攻をかけて、開幕3分でヴェリカを撃破。その後カイアを守りつつヴェリカクリ残りとアルレクリ割りを進め、アルレのバリアを破壊。この辺りで人が少し増えてくれたのが助かりました…。

ここから攻防のバランスをどうしようか悩んだのですが、アルレの戦力を俺が把握しきれておらず、まずはレイド1を強行偵察としてアルレ駐屯地に派遣しました。そこでしばし戦ってもらっていると…どうもレイド1のみでもかなり維持しつつ押し込みも出来そうとの事。なので、レイド2も投入して一気に内部に侵入し、ドミルを削って勝利しました。

2016052302

点数内訳は以下の通りと思われます。

カイア:60000点(ヴェリカクリ×4、アルレクリ×4、ヴェリカ執行官×1、アルレ執行官×1)
アルレ:25000点(ヴェリカクリ×2、カイアクリ×3)
ヴェリカ:30000点(カイアクリ×4、アルレクリ×2)

来週もXで執政官を取れれば俺が指揮させてもらうつもりです。またよろしくお願いいたします!

連盟戦2位

2016051701
日記楽しみにしていただいているようなので、5/15の連盟戦についてもさらっと書いてみます。

俺は予定がありお休みだったのですが、X執政官なので、仕切りもXで行いました。ここに書くのは、仲間から聞いた内容です。

開幕ヴェリカとアルレがカイア領に侵攻。アルレはヴェリカにクリ割りを任せて早々にカイア駐屯地に侵入してきたようでした。カイアはアルレクリ割りを行っていたものの、アルレのカイア駐屯地侵入を受けて防衛に戻り、アルレを排除。
このカイアvsアルレの戦闘の間にヴェリカはアルレへ転進した(もしくは別働隊がアルレを攻めた?)ようで、カイアがアルレを駐屯地から追い出した辺でヴェリカがアルレ駐屯地を落としたとの事。

ここからカイアvsヴェリカの一騎打ちとなるも、アルレ撃破点数分ヴェリカの点数が上回り、ヴェリカは防衛モードとなった模様。
ヴェリカはカイアの侵入をかなり防ぐ体制を作っていたようで、カイアが攻めあぐねる間にヴェリカの攻撃隊がカイア駐屯地を襲い、防衛しきれず陥落したとの事。

今は各連盟戦力が拮抗しており、ちょっとの差で展開や結果が大きく変わってくる事も多く、面白いですね。
次からしばらくは俺も連盟戦に参加できる予定です。カイアの皆様、頑張って行きましょう。よろしく!

連盟戦勝利!

2016051001

ここの所色々用事があったり執政官が取れなかったりで、指揮できていなかった連盟戦。先月1回指揮して負けたりもしましたが…久しぶりに指揮をさせていただきました!

ざっくり流れを説明すると、まずアルレに速攻をかけて3分程で落とし、急いでカイア駐屯地に戻って攻めてきたヴェリカをはじき返し、その後全軍でヴェリカを攻めて落としました。
カイアとしては久しぶりに勝ててよかったです。敵も強くなっている状況ですが、これからも参加できる時は頑張って行きますので、よろしくお願いいたします!

連盟戦参加しました

2016041101
21時ギリギリで旅行から帰ってこられたので連盟戦参加しました!ラグナレイドに入れてもらいスタート!

2016041102
カイアはアルレクリ割りから。ヴェリカはカイアクリ割り、アルレはヴェリカクリ割りへ。スピードはややヴェリカが遅かった感じ。
カイアがアルレクリ6つを割ったところで潜入指示。潜入してみるとアルレ駐屯地前。「潜入」の2文字だけで他に何も指示がないので、アルレ駐屯地前のクリを割りたいのかアルレ執行官を落としたいのか全くわからなかったけど、見た感じアルレ駐屯地がガラ空きだったのでレイド1はアルレ駐屯地に突っ込ませる。おそらく他レイドも一緒に突入し、まずはドミルを撃破。
カイア駐屯地がガラ空きなので即レイド1を召還でゲートに戻すも、戻り用の潜入装置がすぐカイア駐屯地に置かれていたので、戻り召還をかけなくても大丈夫な状況は用意されていたので、そこは安心した。
アルレはおそらくヴェリカ駐屯地攻撃を開始しており、アルレ駐屯地に戻れる状況では無かったのだと思われる。

2016041103
クリ割りはカイアがアルレクリ7つ、ヴェリカがカイアクリ7つ、アルレがヴェリカクリ7つで同点だったが、ドミル撃破点10000点分カイアが首位となっていた。
ここから皆でカイア駐屯地防衛体制。色々な人が自主的にしっかり報告をしてくれ、とても良い感じでした。
俺も途中でレイド1リーダーを投げられたので、敵執政官粘着や駐屯地内防衛体制の細かい指示を結構頑張りました!

というわけで2時間カイア駐屯地を守りきりカイア勝利。皆様、お疲れ様でした!